私の役割

■ 私の役割

お父さんだったら、家族を守って
お母さんだったら、私を助けて
お姉ちゃんだったら、イイ子にして

家族でも、職場でも、そのポジション以上に、役柄を期待されるということは、少なくありません。そして、そこに囚われるあまり、自分本来の個性を発揮できず、苦しいパターンを繰り返すことも。

いつまでもお母さんでいさせてあげようと、自分を犠牲にしてまで、自ら子供の役割を選択するのも、そのひとつ。

対人関係が家族だけならまだしも、自分ではあまり意識していることが少ないから、それが本当の私と勘違いして、別の関係性で別の役柄を期待されたときに、「こんなの私じゃない」「この人たちは、おかしい」と反発し始めます。

いつも可愛がられ、助けてもらう一方だった人が、急にリーダーやサポート役を言い渡されると、まごまごしたり、張り切りすぎて空回りしたり。

いつも注目され、日の当たるところにいた人が、裏方や問題児扱いされて、「ここは私の居場所じゃない」と悪態ついて、飛び出してみたり。

本人もツラいでしょうが、周囲だって、そんな人は重くて、面倒くさい。

もっと広い世界から、あなたに合うものをいろいろと選べたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 人生を変える」 の記事