自分を棚に上げる人

■ 自分を棚に上げる人

どうしていつも、そうなの?
あなたのあの時の行動が、スゴく傷ついた
あなたは変わらないよ

きっかけは自分でも、他人でも、何かの失敗やつまづきに直面すると、古い記憶が思い起こされます。 もちろん、謝らなければならないことをしたあなたが悪いのだけれど、相手が攻撃に転じたときは、その人の古傷が疼いているのかもしれない。

自分を見つめるって、きっかけがネガティブなことが多く、少なからずの痛みが伴うものだから、相手を責め、批判して、自分の傷を見ないようにしがちです。

それは、まさに思考のパターンだから、「相手による」なんて甘いものではありません。 本当は加害者なのに、被害者面をして、自分の言いたいことを言っているだけ。

そういう意味で、通じる通じない、許す許さないって、余裕です。
余裕のない人は、通じないし、許せない。

あなたのココロに、他人の入るスペースはありますか?
どこを開けられても大丈夫なくらい、片付いていますか?
自分のことはもちろん、相手のことまでしてあげられる時間とパワーは確保できていますか?

それに気付いたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分育て・自分癒し」 の記事