自暴自棄の心理

■ 自暴自棄の心理

解決の目途が、立たない
できる見込みが、ない
希望が、見出せない

問題が起こるたびに、「自分が悪い」と、すべての責任を背負い込もうとする人は、少なくありません。 なら、悪い部分を改めればいいのですが、犯人は私!で、終わってしまうケースが、ほとんどです。

つまり、本当は「自分は、絶対に悪くない!」と、考えているんですね。
ただ、早くその場を丸く収めたいから。

テレビドラマや小説なら、犯人が捕まって、めでたしめでたしですが、現実は違います。 そこから個々人ができ得る努力をして、新しい道を切り開いていく必要があります。

だのに、それを放っぽり投げてしまう。
一部でも、すべてでも、「悪い」と宣言をしたのなら、自分が中心になって、問題解決に乗り出さなければ、事態は収拾しないのに。

そして、それを繰り返すから、いつまで経っても、どこに行っても、中途半端。
周囲には、未完了の問題が山積みです。

人が警戒し疎ましく思うのは、問題の多さではありませんし、ましてや、存在そのものではありません。 問題が起こるたびに、自ら完了させようとせず、そうして他人に尻ぬぐいをさせる姿勢に対してです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分育て・自分癒し」 の記事