記憶にございません・・・

■ 記憶にございません・・・

確か、ここに置いたハズなのに
この道で、合っているハズなのに
いつも通りのハズなんだけど・・・

誰しも、自分の記憶と現実が異なると、どうしたらよいか分からなくなります。
自分の置かれている状況が理解できず、不安と孤独に陥ります。

ちょうど自分には初めての場所を、周囲の人が繰り返し「ここは、あなたのお家だ」と言い続けているような。

そのようなとき、自分の記憶が抜け落ちているということより、自分は「知らない」という、自分の理解を優先しようとします。

そして、周囲を疑い、不快感を通り越して、自分は「騙されている」と、激しい怒りや深い悲しみに囚われることでしょう。

人が被害者意識に陥っているときとは、そんなときです。

自分の理解・思い込みと周囲の理解・思い込みにズレがあり、お互いに異なる現実を押し付け合っているんですね。

そんなときは、異質なものと端から敵視するのではなく、今よりももっと幸せになるために、混ぜ合わせてみたら、案外しっくりとくるものです。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事