女性性の育て方

■ 女性性の育て方

友人の幸せを喜べない
自分より才能豊かな人を妬ましく思う
いくら頑張っても、欲しいものが手に入らない

女性性、男性性は環境によって変わります。
恋人に頼りっきり、甘えっぱなしの女性が、「これじゃあいけない」と目覚めれば男性性は育ちますし、女性ばかりの職場でも、「しっかりしなきゃ」と思えば、やっぱり男性性は育ちます。

そして、その成長が認められない相手は、取り残されたような、見捨てられたような、不安に思うこともあります。 すると、自己否定や自己嫌悪、無価値感に襲われ、自信をなくします。 ブレーキを踏んで、自分の成長を自ら阻もうとすら試みます。
あなたが元気であれば、あるほど、相手は落ち込むのです↓↓↓

そんなときは、女性性を育てましょう。
理屈ではなく、感性で動きましょう。
ひとりで頑張るのではなく、繋がりを求めましょう。

我慢にも限界があります。
どう上手く化けても、あなたはあなたとしてしか生きられないのだから、あなたの気持ちを大切にしてください。 対人関係に悩んだら、まず自分らしさを知って、自分らしく生きましょう!というのは、そういうことです。

それに気付いたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 11,000円(税込)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 恋愛心理学」 の記事