依存心からの克服

■ 依存心からの克服

自分は自分、相手は相手
相手の寂しさが、うっとうしい
慰めてくれオーラに、うんざり

人に頼るのが苦手な人に、他人の依存心をストレスに感じる方は少なくありません。 自分自身にキツく禁止していることだから、相手にもキツく禁止してしまうんですね。

なぜって?
そうして誰かを頼って、傷付いたり、ガッカリしたり、裏切られたり、まぁ、ロクでもない体験をしたからですよ。

だから、禁止する方もされる方も、依存心がココロの傷です。
そして、さらにその下には、自分の弱さがあります。

デキない
分からない
自分にはムリ

人は自分の安心安全が脅かされたり、都合が悪く、落ち着いていられないようなものは、隠したがります。 だから依存心バリバリな人も、遠ざけようとするんですね。

でも、愛し合ったり、助け合ったり、認め合ったり、理想はそんな「お互いさま」です。 そのためには、自分の弱さをまず知る。その上で頼る、サポートをお願いする。 そして助けてもらった行為にはココロから「ありがとう」を言う。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「ココロの傷, スグに役立つ心理学講座」 の記事