埼玉ふじみ野 純イノセンスのアダルトチルドレン(AC)心育て教室

埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン純イノセンスの心理カウンセリングサービス・アダルトチルドレン(AC)心育て教室のご紹介です

子供時代は学業の悩み、就職すれば仕事の悩み、妙齢になれば恋愛や結婚の悩み、そして、子育てやパートナシップの悩みや、更年期や老いの悩みなど、年齢に応じて悩みはつきません。
しかし、言っていることが、「騙された」「もっと認めてよ」「あなたのせいよ」だったら、それは大人の反応でしょうか?
一方的な要求をする人は、男であろうと、女であろうと、いくつであろうと、組織の長であろうと、泣くしかできない赤ちゃん時代から、ココロが成長していません。
何か不快なことが起こると、感情が爆発し、泣いて、喚いて、激怒して、相手を困らせて、ずっとご機嫌にさせてもらってきたんです。 なので、いつでも感情が他人に振り回され、イライラしっ放し。満足感や安心感を知らないから、受け取っても、それと一致させられず、「もっともっと」と要求はエスカレートするばかり。
そうして、お互い疲弊し、気づくとひとりぼっち。
こんな方は、子供時代から今に至るまで、カラダとともに、ココロを育ててこなかったんですね。
ただ逆を言えば、ココロが育ちさえすれば、アダルトチルドレン(AC)であろうとなかろうと、親や家庭環境に関係なく、またあなたが現在いくつであろうと、問題は解消します。

【ココロのありか】

ご存知の通り、イライラと怒りっぽくなっているとき、自律神経の内の交感神経が優位になっています。
それを静めるために、呼吸を整えたり、カラダをリラックスさせたりして、副交感神経を交感神経より優位にさせてあげることは、有用です。つまり、自律神経のバランスをとって、感情をコントロールする方法ですね。
なんですが、自律神経の本来の働きは、感情に合わせた行動を、私たちにさせること。 感情がストレスに触れて反応したときに、私たちを安全なところへ連れて行くのが、仕事です。
その危険か?安全か?すなわち怒っていい場所か、否か?の判断は、前頭葉の仕事になります。
言ってみれば、悲しいから泣くなら前頭葉を使い、悲しくても笑おうとするのが、自律神経を使う感情のコントロール法です。
そして、この前頭葉の判断、もっと言えば、使用する(自分で考える)ことを放棄し、ただ感情のままに振る舞ったり、他人や周囲の環境のなすがまま、反対に他人や周囲の環境を自分の「思い通り」に支配しようとする状態でいるのが、アダルトチルドレン(AC)です。
だって、前頭葉が発達する前の子供時代は、それで通用したから。 そうして、自分で考えて行動しなければならない年齢になっても、自分で考えようとしない。だけでなく、その結果を受け留め、次の自分の判断材料とせず、不安と言っては固まり、怖いと言っては何もしない。
いわゆる「デキる人」とは、表面的に大きな成功を収める人のことでは、ありません。 この自ら考えて行動するという意識的、かつ主体的な人生を歩むことの「デキる人」のことを言います。 そしてその人生のことを、「思い通り」の人生と言うのは、ご明察通りです。

【こんな方におすすめ】

  • 親の枠組みに服従する、自分を解放したい
  • 受け入れられる自分を感じ、温かく信頼できる関係を築きたい
  • これまで自分を苦しめてきた考え方や、情緒的反応を変えたい
  • 社会で生きていく力、コミュニケーションや人づき合いの仕方を学びたい
  • 人の顔色を伺いながら生きることに、疲れた
  • 何か変わるきっかけがほしい

 セッションの流れ

プレセッション

まずは思いつくまま、お話しください。

掘り下げ

お話の内容から見えてきたテーマに沿って、さらに対話を進めていきます。

心理ワーク

必要に応じて、ヒプノセラピーやイメージ療法などを行います。

振り返り

セラピー内容を一緒に振り返って理解を深めます

施術料:10,000円(+税)/施術時間:およそ1時間

ご予約・お問合せは・・・TEL  050-3566-3516
( 13:00~18:00 /不定休・セッション中は留守番電話になります ) アダルトチルドレン(AC)心育て教室のご予約はインターネットが便利です。お申込みフォーム(専用サイト)に移動します お問合せフォーム(専用サイト)に移動します
(ご予約)  (お問合せ) 

ご予約時のお願い

  • 現在医師の治療を受けている方、妊娠中の方、重篤な病気に限らず体調不良や怪我を患っている方、お薬を服用されている方、飲酒されている方はお受けできません。
  • 予約後のキャンセルはお控えください。やむを得ずキャンセルをする場合は、予約時間の1時間前までに必ず電話連絡してください。

■ お客さまの感想

  • 過干渉な親元を離れても何も変わらず、親の毒とは何てしつこいんだろうと、途方に暮れていました。松下さんにも「毒抜きして!」とお願いしていたと思います。 松下さんには、色んなことを教わりました。自分と向き合うこと。それも色んな角度から見ること。自分を大切にすること。それから、イライラする自分を癒す方法。本当に子供の頃に戻って、勉強し直す感覚でした。 そして今、全ての学びをじっくりと自分目線で見つめ直すと、自分が不幸なのは自分の責任。不愉快なのも自分の責任。これまで親の毒と思っていたものは、全て自分の中の問題だと気付きました。 松下さん、ここまで怒るでもなく、呆れるでもなく、真剣に私と向き合ってくれて、本当にありがとうございます。(埼玉県川越市 Tさま)

もっと見る

▲上へ戻る