自分の悲しみと、向き合うことができました

■ 自分の悲しみと、向き合うことができました

大切な方を亡くされた方、ペットロスで苦しまれている方へ

今日は、自分の消化できない思いと向き合うことで、新たな希望に向かっているMさまのご感想から、悲しみの回復方法についてお話しします。

——————————————————————-

先日は、ありがとうございました。

日々に追われながら、ふと立ち止まると、自分の心に何かしらの消化できない思いがありました。

お話しさせていただいた後は、何か清々しいものを感じ、自分の悲しみとも向き合うことができました。

なかなか片付かない母の部屋も、私が悲しみを出せる場として、もうしばらくこのまま取って置くことにしました。

——————————————————————-

Mさま、ステキな感想をありがとうございます。
またみなさまとシェアすることを快くご承諾くださり、本当にありがとうございます。

私たちは悲しい出来事に遭遇すると、悲しいと言って泣くのが、自然です。
悔しいとき、苦しいとき、気分が落ち込んだときも、一旦そのままその感情に浸ることで、回復していきます。

大切な方との別れは、愛情や思いが強い分、もっと激しい悲しみに襲われます。
ショックのあまり寝込んだり、家を出ることすらできなくなったりしても、おかしくないくらいです。

けれど、そんな自分を情けなく思ったり、早く日常に戻ろうとして、こみ上がる悲しみを無視してしまう方は、少なくありません。

しかし、ここでしっかり感情に浸る方が、現実を受け入れ、悲しみを乗り越えていく近道となります。

少しでもお役に立てるなら、本当に嬉しく思います。
お話しだけでも構いません。「グリーフケア」の詳細はこちらから

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「お客さまの声(カウンセリング), グリーフケア, スグに役立つ心理学講座」 の記事