否定されたときの対処法

■ 否定されたときの対処法

いつも、否定から入る
常に、自分基準
他人の粗探しが、得意

誰だって、自分が否定されれば、腹も立つし、悲しいものです。
ちょっと考えれば、正解なんかなく、ただ相手が別の見方や意見を持っているというだけなんですが、弱っているとき、余裕がないときに同意してもらえないと、心に深く突き刺さります。

そして、「これで、いい!」と思えるなら、自分も同意しなければ、イイだけなんですけどね。 100%そうと言いきれる自信もない。

そうしたら、相手の態度や言い方に腹を立てるのではなく、肝心の話の内容に集中したらいいんですけど、同意してもらえなかったことを、引きずるんですね。

この人は、いつもそうだ
偉そうに、上から目線
気に障る物言いばかりして

相手の至らないところ、気に入らないところを、ここぞとばかりに、否定しまくります。 それこそ、日頃から抱いている思いだったり、自分の否定癖だったり。

いつも期待通りに穏やかでいてくれる人など少なく、だとしたら、その抱える問題が解決しない限り、なかなか口調だけを穏やかにしろというのは、それこそできない相談です。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事