ひとりよがりとの付き合い方

■ ひとりよがりとの付き合い方

自分だけは、特別
常に自分が、中心
馬鹿に、されたくない

相手がまだ話しているのに、自分の意見や話に持っていきたがる人は、少なくありません。 そんな人は、話も一方的で、相手は、せいぜい頷き返すのが精いっぱい。
言葉を挟むことなんか、できやしません。

もっと言えば、相手の理解など、要らないんですね。
ただ、自分の満足が、ありさえすれば。

だから、相手の反応はもちろん、相手の視点は要りません。
要するに、相手の気持ちなんて、どうでもいい。

だって、それは自分に対する攻撃だから。
しかも、守っているのは、実際より大きめの自分。

なので、持っている自信で、自分を支え切れず、相手に称賛を求めて補おうとします。 しかし、いくら称賛を浴びても、足りないんですね。自分を過大評価しているから。

自覚がない分、本人も苦しいでしょうけど、付き合うこっちは、もっと堪らない。
きっかけがあれば、自分の等身大を理解し、すべてが劇的に変わる!なんて、まずあり得ません。

お互いの気持ちを理解し、思いやることは、健全な人間関係の基本ですから、あなたが対応できる範囲を決め、その限界ラインを越えてきても、なし崩しな対応は、けしてしないこと。

そして、良い面は理解し、存在そのものを否定せずに、ほどよい温かさで接っしていれば、それで十分です。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事