感情をコントロールする考え方

■ 感情をコントロールする考え方

怒りだしたら、止まらない
突然、最悪の気分にまで落ち込む
乗せられて、無駄遣いしてしまう

好ましい感情を抱くか、それとも、イヤな感情に陥るかは、自分の物事に対する受け取り方に因ります。 それを他人のせいや、出来事のせいにしていると、繰り返し感情が暴れ出し、苦しむことになります。

その出来事は、何も特殊なことではありません。
世の中に起こり得ることが、起きたに過ぎません。

そして、それに対し、あなたが不快に思うのも、仕方ありません。
だから、泣きたければ、泣けばいいし、怒りたければ、怒ればいい。

ただ、誰かを傷つけたり、攻撃したりしないこと。
そのときはそれでスッキリするかもしれませんが、そうやって強く記憶に残すと、後々、思い出しては自動的に不快に感じたり、悪い想像を働かせたりして、問題を大きくしてしまいます。

だから反対に、問題を小さくするために、自分はどうしたらいいか?について、考えること。

我慢するのが、イイのか?
離れるのが、イイのか?
何かを変えるのが、イイのか?

あなたのココロに寄り添いながら、それにふさわしい行動をとりましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 感情のコントロール」 の記事