劣等感の克服法

■ 劣等感の克服法

私は、経験者だから
人生の先輩として
言う通りにした方が、身のためなのに

誰だって、嫌いな人とはいっしょにいたくありません。
怒り同様、嫌悪もまた、人を人から離すんですね。

怒りにせよ、嫌悪にせよ、無自覚な劣等感が刺激され、敵意を覚えるからです。
ときに、この攻撃力こそ、強さだと勘違いしているケースがほとんどです。

そういう意味で、嫌いな人がいる内は、自分のことが完全に大好きというわけではありません。 そして、嫌いな人を見えないように排除して、「克服した」というのも、とんだ思い違いです。

その抑圧が向かう先は、もっと弱い人に対し、「こうしたらいい」「ああしたらいい」という押しつけ。 「そうしなければ、いけない」という、自分には向けられない攻撃のまなざしを、相手に向けているに過ぎません。

だって、自分だったら、耐えられないから。
だから、身代わりを必要とするんです。

卑下と優越感は、実に裏表なんですね。

感情は、抑えれば抑えるほど増幅し、いびつな形で噴き出します。
勇気は要りますけど、劣等感は抑えずに、素直に表現した方が、可愛く見えるものです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分育て・自分癒し」 の記事