我慢の心理

■ 我慢の心理

子供扱い、しやがって
そこまで、バカじゃない
そんなに、私が悪いのか?

免疫とは、自分自身を守るために、自分と自分以外を区別し、カラダから排除する働きのこと。 我慢は、不安や怖れを自分のものとして抱え込むことだから、真逆です。

何で、そんなにしてまで、自分のものにしていたいんでしょう?
そこには、何かしらのメリットがあるはずです。

だって、慢の字は、ココロが広いって書くぐらいですから。
それを持つことで、自分を支えているんです。

自分は捨てられませんから、頑なに持ち続けます。
自分の知識や経験、そこから予測される不安や怖れは絶対だと、思いこみます。

正しいのは自分だから、歯をくいしばってでも、耐え忍ぼう
争って負けるのはイヤだから、言わないでおこう
いつか、分かってもらえる日がくるまで、努力しよう

そうして、相手の言動を気にしながら、腹の中でイライラします。

端から聞かない、受け取らない、気にしないでも、いいんですけどね。
それじゃあ、自分のことを、完璧に分かってくれる人とだけしか、満足できない。

だから、自分の中の怒りの素を一旦排除し、お互いの考えの違いを受け入れてみましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事