強迫観念の手放し方

■ 強迫観念の手放し方

鍵、かけたっけ?
ガスの元栓、閉めたっけ?
忘れものは、ないかしら?

出掛けるまでに、あっちを確認、こっちを確認して、なかなか出掛けられない人がいらっしゃいます。 それも何度も、何度も繰り返すものだから、待たされる側はたまったものじゃない。

つい「いい加減にしろ!」って怒鳴れば、逆効果。
鍵をかけた記憶が取り出せないから、あらぬ不安をずっと聞かされる羽目になる。

こんな方は、泥棒とか、火事とか、忘れものとか、そんなことが問題じゃないんです。 それで失敗した、怒られた、ココロがヒドいショックを受けたという場合が、ほとんどです。

だから、怒られないよう、「好きでもないこと」をしています。
やらされている感が満載で、好きでないから、思い出したくないという悪循環。

なので、例え動機は怒られないためでも、自らそれを選んで、「好き」でしていると思い出すこと。 そして、どんな結果を招こうと、全力を尽くした自分を認めてあげること。

そうして、何度も強く迫りくる不安や怖れに対して、免疫力をつけていきましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分育て・自分癒し」 の記事