役に立ちたい心理

■ 役に立ちたい心理

私、できるよ
私に、任せて
やってあげるから、ソコどいて

人のために何かできるって、素晴らしい。
そこに犠牲がなく、自分の力が発揮できる私って、ちょっと誇らしい。

同じつまづきをした人に対して、今度は助ける側に回ろうものなら、なおさら。
自分には、その役割を十分に行う能力があるって、嬉しく感じるもの。

依存でなく、そうやって助け合い、支え合える関係って、理想です。
だからこそ、そこに強要や見下し、優劣を感じると、拒絶したくなる。

だって、相手のためって言いながら、自分の満足のためなんだもん。
そうやって、自分の行為を、崇高なものに高めようとしているだけだもん。

そんなの、ちっとも嬉しくない。
感謝すら、湧いてこない。

人のための「人」に、「自分」が含まれるなら、相手の「自分のために、自分の力を発揮できる」喜びの機会を奪うのは、いかがなものかしら?

それに気づけたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 距離感・境界線」 の記事