自己ケアのすすめ

■ 自己ケアのすすめ

コレさえ、なければ・・・
根は、優しい人だから
私に、甘えているだけ

敵意をあらわにしておいて、とっさに否定に走る人は、少なくありません。
「あんなヤツに、認めてもらわなくてもいい」って、離れられればいいんですけどね。 反対に、「認めてもらいたい」気持ちで、いっぱいになるんです。

そんな方は大概、家族や友人に馬鹿にされ、からかわれて、ココロに深い傷を負った経験を、有します。

これをしたら、からかわれないのか?
それをしたら、認めてくれるのか?
あんなにしたのに、なぜ認めてくれない?

傷ついて痛いはずなのに、自分のケアより、相手のズルさを肯定し、寄り添う努力を優先してしまうんですね。それも、傷つくたびに、繰り返し、何度も何度も。

そうして、「自分の不幸せは、相手の幸せ。自分の幸せは、相手の不幸せ。」と、抑圧と犠牲の世界の住人になります。

しかも、絶えず相手をけなしていないと、落ち着かない。
見下していないと、やっていられなくなる。
かつて、あなたを深く傷つけた者たちと、同じように。

自分の状態がしっかりしていると、相手との適切な距離がうまく取れるようになり、何か嫌なことがあっても、回復が早くなります。

「許せない」とは、自分と向き合い、肯定することを、禁止している状態です。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分育て・自分癒し」 の記事