ありがとうを言いたくない心理

■ ありがとうを言いたくない心理

何と言っていいか分からない・・・
感謝するタイミングが分からない・・・
感謝する必要が分からない・・・

困っていることに手を差し伸べてもらえたら「ありがとう」。
誤解を怖れずに言えば、コレは差し伸べた側の道理です。

というのも「ありがとう」は喜びから出る言葉だから。
残念ながら世の中には助けてもらって嬉しい!と感じる人ばかりではありません。

プライドが許さない!
困っている人を助けるのは当然だ!
いつもありがた迷惑なんだよ!

そんな人は「ありがとう」なんて言う気なんかさらさらありません。
だって、こんな思いをするのは二度とごめんだから。

なので笑顔どころか仏頂面で横を向いたり、何だったらその場を黙って立ち去ってしまったり。すると手を差し伸べた側も喜びを感じられず、「余計なことをしたかな?」とアレコレ考えてしまいます。

けれどそんな人や出来事にココロを砕く必要はありません。
これからは「何か力になれることがあったら言ってね」と、まず声かけをして許可を得てから手を出すようにしましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 11,000円(税込)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事