ウソつきの心理

■ ウソつきの心理

コンシーラーの下の、シミ
寄せて上げて、大きく見せている、胸
休日はすっぴん、パジャマ

人は誰しも、少なからずのウソをつきます。
ウソの下に隠されているのは当然「真実」で、本当のことを言うのが怖かったり、恥ずかしかったりします。

「大丈夫?」と声をかけて、「大丈夫」と答えたから安心して放置すると、後で「冷たい」って言われたり。 こうした強がり、二重感情も立派なウソつきなんですね。

他方、気に入られるために、地位やお金、贅沢な持ち物で虚勢を張るなんていうのもあります。

例え本気だとしても、自信がないことには間違いありません。
あなたの魅力って、そんなあの世に持っていけないものばかりなんですね。

さらに始末に負えないのが、病的な虚言癖。
正直に「ごめんなさい」と言うことが怖くて、ウソにウソを重ね、その内自分の責任をはぐらかして「俺のせいか?」

相手に罪悪感を持たせて攻撃に転じるパターン。逃げるために手段を選ばないんです。

それから思い込みが激しくて、自分がウソをついていることすら忘れてしまうケース。 自分の現状が受け入れられず、何とか受け入れられる状況に持っていこうと現実の方を捻じ曲げるんです。

本人はそれが真実だと思い込んでいるから、騙している罪悪感はまずないですね。
中には普通にしていても叶えられないから、「こうでもするしか、ないだろう」と開き直って、一線を越えちゃう馬鹿野郎もいます。

もうこうなったら、自分の許容範囲を正しく理解して、逃げる!
許せるウソは、笑い飛ばせます。 しかし少しでも違和感や深刻さを感じたら迷わず離れましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 距離感・境界線」 の記事