ココロのコミュニケーション

■ ココロのコミュニケーション

信頼できる人がいない
相手に共感できない
付き合いが表面的

コミュニケーション不足だな・・・と感じる方に、会話がかみ合わないという問題を挙げる方は少なくありません。 一生懸命に気持ちを伝えても、「で、何が言いたいの?」と言われ、ココロが折れる・・・な~んてことも。

特に女性は、気持ちが伝わると、相手との繋がりを感じ、安心感や信頼感を育んでいけます。 しかし何かと気遣いや大人の振る舞いが求められる昨今、よく会話をする間柄でも、出来事中心のコミュニケーションばかり。

感じたことを自由に話せる機会が、本当に減っています。

感情表現と言えば、日頃の愚痴や相手への文句、要求ばかり。
だって、ずっと言えずに、我慢してきたんだもん。
それがあなたの素直で、ありのままのキ・モ・チです。

不平不満を抱え、ずっと閉ざしたココロの扉は、「怒り」製。
寂しかったり、虚しかったり、みじめだったり。
それをそのまま、「私は寂しい」「私は悲しい」「私は不安だ」って伝えてもいいんですけど、ココロの準備ができていない相手には伝わらない。

なので、まずは自分で、その気持ちを感じ切ってみましょう。
すると言えなかったことより、そう感じてはいけないと、自分に言い聞かせている自分(インナーチャイルド)が姿を現すハズです。

どうぞ、その子を癒し、そうしてその禁止を解いてあげてください。
もちろん、日頃から溜め込まないに、越したことはないんですけどね。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事