YESとNOのタイミング

■ YESとNOのタイミング

そんなことで感謝してほしいの?
当たり前なんですけど・・・
本当はそうしてほしくなかったんだけど・・・

誤解を怖れずに言えば、NOと言うのはカンタンです。
だって、相手が問題行動を起こしたときに使うものだから。

こと嫌いな人や目下の人に対しては、それが目につきやすいので連発しがちです。 そうして自分が相手に「してほしくないこと」を禁じるわけですが、そこに「YES」がないとその関係は遅かれ早かれ破綻します。

ご存じの通り「NO」は禁止の言葉です。
禁止事項しかない生活に、ココロからの信頼や親愛関係が生まれると思いますか?

そういう意味で「YES」をきちんと伝えている人は意外と多くありません。 というのも「して当然」で済ましてしまうから。

本当はしてほしいし、ずっとそれを続けてほしいのに「YES(同意)」を示さずにいたとしたら、「NO(禁止)」しかない生活といっしょ。窮屈この上ありません。

つまりはそれが「YES」を言うタイミングです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事