急かす人の心理

■ 急かす人の心理

待つことが、苦痛
何事も、早く終わらせたい
相手の話を、最後まで聞けない

短気な人に、自分を客観的に見れない人は少なくありません。
たとえば満員電車で押されたら押し返したり、足を踏まれれば踏み返したり・・・。

それを指摘されたら「あいつが、先に押した!」「押すのが、悪い!」と自分を正当化することでしょう。 しかしそのときの正義は、言っているような「押す=危害をやめさせる」ではなく、「やられたら、やり返す!」。

少しでも自分の意に沿わないとキレて、自分の主義主張を一方的にまくしたて始めます。 頭の中は、自分の利益・不利益の計算でいっぱいいっぱいなんですね。

だから自分に常に利益をもたらしてくれる関係を好み、一方的に搾取したがります。 けれどそんな不自然でバランスを欠いた関係は、遅かれ早かれ破たんします。

なのでそんなココロ当たりがある人は、他者をあてにし過ぎず、自らの足でしっかりと自分のカラダを支えてみましょう。 多少遠回りでも、その方がより大きな豊かさが手に入ります。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「アノ人の心理, スグに役立つ心理学講座」 の記事