スキとキライの境界線

■ スキとキライの境界線

絶対に譲らない!
意地でも謝らない!
明らかに不貞腐れる!

誰しも嫌われようとして我を張る人はいません。
反対に協調したいからこそ、分かってほしい・・・。

主張すること自体は何も悪くないんですけどね。
なので自分の間違いに気づくまでは、意図的に考えを曲げたり譲ったりする必要はありません。

ただ自分の非に気づいたときに、後に引けなくなってしまうようでは問題です。 言ってみれば嫌われるか、嫌われないかの線って、そこにあるからです。

意見はハッキリ言うけれど、謝るところは素直に謝る。
勇気のいることですが「ごめんなさい。私が間違っていました。」です。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事