話し合いがデキない人とのコミュニケーション

■ 話し合いがデキない人とのコミュニケーション

自分だけは、特別
常に自分が、中心
称賛されて、当たり前

相手がまだ話しているのに、自分の意見や話に持っていきたがる人は少なくありません。 そんな人は話も一方的で、相手はせいぜい頷き返すのが精いっぱい。言葉を挟むことなんかデキません。

だって相手の理解など要りませんから。
ただ自分の「満足」がありさえすればいいんですね。

だから相手の視点はもちろん、相手のは反応すら要りません。
なぜならば自分の言葉や考えは「絶対」だから。

要は自分を過大評価しているだけ。
なので自分で支えきれないから、たえず他者に上から目線で要求します。

本人も苦しいでしょうけど、付き合うこっちはもっと堪らない。
きっかけがあれば自分の等身大を理解し、すべてが劇的に変わる!なんてまずあり得ません。

そんな人にはあなたが対応できる範囲を決め、その限界ラインを越えてきても、なし崩しの対応はしないようにしましょう。

そうして存在そのものを否定せず、理解できる部分は理解して、ほどよい温かさで接っしていればそれで十分です。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 距離感・境界線」 の記事