無用な気遣い、有用な気遣い

■ 無用な気遣い、有用な気遣い

なんか楽しそうじゃないな・・・
何かイケないことでもしたかな?
アノ人、大丈夫かな・・・

気でも肉体でも、自分の限界を超えれば疲労を感じます。
なので疲れたな・・・と感じるなら、それで止めて構いません。

なんですが、必要以上に気を遣う人は、それができません。
反対にさらに気を遣っては空回りするんですね。

その相手が本当に配慮できる人ならば、あなたがそうやって「いっしょに楽しんでくれない」ことに気を揉んでいるだけなのに。

そういう意味でそんな人がもっとも気を遣うべきことは、自分も「ちゃんといっしょに楽しむ」こと。そのための心配りや工夫が気遣いであり、それ以外は無用な気遣いと言っても過言ではありません。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事