犠牲と寛大さ

■ 犠牲と寛大さ

あなたに苦しんでほしくない
あなたを救いたいし、助けたい
喜ばせたいし、幸せになってほしい

寛大な精神は、私たちを無用な苦しみから解放し、安らぎを与えてくれます。 だからと言って、何でもかんでも寛大に接していると「幸福の王子」になりかねません。

かつてカラダを包んでいた金箔や宝飾の類いがなくなると、みすぼらしいと言われ、心ない人々にうち捨てられるんですね。

なら「王子」は不幸な街の人々を見ても、見ぬふりをしたら良かったのでしょうか?

寛大さとは、ひとつのことに囚われる自分や他者に対し、他の選択肢を与えること。 それにより身動きのとれなかった人や事態が、一歩また一歩と前へ進むよう促していくこと。

どんなに尊い犠牲を払ったとしても、何ら変わることもなくそこで滞留したままなら、残念ながらその行為は無用な苦しみと言わざるを得ません。

だって誰かの命や人生を犠牲にするほど、誰の命や人生も尊くありませんから。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事