従順な人の心理

■ 従順な人の心理

多数派の意見に乗っかる
判断基準が、いつも相手任せ
匿名性が保障されないと言いたくない

誤解を怖れずに言えば、従順と協調性は違います。
つまり協調性のある人でも、自分の意見を言うべきところは言うということ。

自分の意見を言うって、けしてワガママを言うことではないんですね。
何が違うかと言えば、置かれている状況や相手の都合などを考慮に入れているか否か。

そういう意味で「相手の顔色をうかがう性格だから、今まで言えなかった」って、自分の間の悪さを棚上げする人は、本当は相手の顔色なんかうかがっちゃあいません。 そこでうかがっていたのは、思い通りにならないと拗ねる自分の顔色。

もっと言えば、そこで爆発して自己主張し始めるのだって、自分を喜ばすため。 それも自分が悪者にならないよう、相手を批難しながら。

同様に、他者の意見を素直に受け入れられないことと、主体性を持って生きることも全く違います。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「アノ人の心理, スグに役立つ心理学講座」 の記事