解釈と感情

■ 解釈と感情

両親が・・・
会社が・・・
子供が・・・

同じ「しない・できない」でも、執着する人とそうでない人の言い訳は違います。 ご察しの通り、前者はしない・できない理由を他者や環境のせいにするんですね。

そうしてそのときばかりは都合良く「他者や環境はコントロールできないから・・・」。 そうやって自分を可哀想がったところで、執着は強まる一方。

確かに残念に思う気持ちに浸ることも、はじめは必要です。
でもどこかでキリをつけないと、それまでの人生になります。

相手が100%悪いと決まっているときを含め、他者や環境のせいにしたくなるとき。 それは自分自身のコントロールをするときです。

今が難しい時ならば、可能な時にやることにして、今できることに集中しましょう。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 感情のコントロール」 の記事