助けが「犠牲」になるとき

■ 助けが「犠牲」になるとき

やってよ!
何でやってくれないの?
もうあなたなんか絶好よ!

ご存じの通り、求援とワガママは違います。
求援は他者の力を借りながら、達成に向けて自ら努力すること。
対してワガママは、そのために他者を当然のごとく奴隷のように扱うこと。

自分がどちらのタイプなのかは、断られたときに分かります。
前者は相手のタイミングに合わせて待ったり、次の相手を探したりできますが、後者は怒りでその相手との関係やそれに向かう努力すらぶち壊します。

そういう意味で、その違いは衝動を理性で緩和することができるか否か?
あくまでも自分都合で要求するなら、それは「犠牲」以外のなにものでもありません。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 感情のコントロール」 の記事