蚊帳の外で居続ける心理

■ 蚊帳の外で居続ける心理

声をかけても、無視
意見を言っても、取り合ってもらえない
そもそも物事に関与できない

自分の居場所を選んでいるのはいつでも自分なのに、まるで鎖に繋がれているかのように不平不満を抱えながら、そこに居続ける人は少なくありません。

自らココロを開いて輪に入るでなし、と言ってもっと自分の気が済む別の場所を探すでなし、ただただ現状に文句や恨み言を言い続けているんですね。

そういう意味で、そんな人を支配しているのは、他でもない自分。
けして他者の思惑や恐怖にマインドコントロールされているわけではないんです。

もちろん身動きがとれないときって、何をどう考えてもネガティブな考えしか浮かんできません。そうしたリスクを冒すくらいなら、いっそこのままここを隠れ蓑にじっとしていた方が・・・ってなりがちです。

むろん策もなしに動き回ればいいってものでもないけれど、そのような人を遠ざける姿勢を他者は存外に見ているものです。そして「自分を便利に利用している!」って不快に感じていたりもします。

それに気づけたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /  シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事