思いこみの外し方

■ 思いこみの外し方

本当のことを、話してはいけない
誰も、信じてはいけない
何も、感じてはいけない

「認めてもらいたい」が昂じると、自分を「認めるべきだ」と、相手に強く要求します。 そして認めてもらえないと分かると、傷つき、怒りを抱くこともあります。

大概こんな人は、相手が自分をどう思っているのか?を、必要以上に気にします。
「認めるべきだ」も思い込みなら、相手が「こう思っているだろう」も、勝手な思い込みです。

なのに、相手が思う自分、期待している自分を演じては、もっと認めろ!って言うんです。だって、認めてもらったら、自分は上手くやっていけるハズだから。

だから、そんな人は、まずは自分と相手の感情の区別をつけましょう。
それをせずに、相手を尊重することも、自分自身を尊重することもできません。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 距離感・境界線」 の記事