無用な論判を避ける方法

■ 無用な論判を避ける方法

相手をおちょくる
不快な気分にさせて喜ぶ
なめきった態度をとる

誰しも相手の話を聞いているようで、聞きたいことだけを聞こうとします。
誤解を怖れずに言えば、自分の考えを強化したいんですね。

だから、自分とは違う意見と知るやいなや、遮ったり質問と称して自己主張を始める人は、少なくありません。一見それは自信から出る行為のようですが、実は不安の裏返し。

声高になればなるほど、大きな不安を抱えています。
なぜって?本当に自信のある人は、さらりと受け流すんですよ。

誰が何と言おうと、けして揺るがない。
それが自信です。

なんですが自信がないと、相手を徹底的に叩きのめしたくなります。
そうしないと自分の身が危険だから。

なので、そんな人と良好な関係を築きたければ、応戦するのではなく「例外」扱いします。 「そんなケースもありますね」と、相手の意見を尊重するのです。

だってそれが彼らの聞きたい言葉だから。

それに気づけたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /  シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事