大切なものを、大切に扱う方法

■ 大切なものを、大切に扱う方法

別れた恋人が、忘れられない
自分のやり方に、こだわる
仕事が、生きがい

人が執着するものは、大概かつては自分のものだったかもしれないが、今は自分の手から離れています。つまり、失ってはじめて分かるソレの大切さ。

では、なぜ手にしているときに、ソレを大切にできなかったのでしょうか? もっと言えば、そのものの価値を感じ、ソレ相応に扱うことができなかったのでしょうか?

そんな人は、得てして、自分を大切にできていません。
自分を必要以上に卑下し、粗末に扱っているんですね。

そして、そのクセは自分をとりまくものにまで及びます。
したがって、手にするまではどんなに価値を感じていようと、ひとたび自分のものとなれば、自分同様、粗末に扱ってしまうんですね。

誰だって、自分を大切に扱ってほしいですからね。
相手が人ならば、離れて行くのは自然なことです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /  シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自分コミュニケーション」 の記事