利用させないつき合い方

■ 利用させないつき合い方

好かれるために
いい人と、思われたくて
デキるアピールをしたい

優しさの実体が怖れだと、相手に利用されます。
つまり、弱みにつけこまれるんですね。

誰だって、自分が優位で得な存在でありたいから、仕方ないと言えばそうなんですけど、どちらかが苦しんでいる関係が穏やかでないのは、火を見るよりも明らかです。

そして、苦しめている側は、当然、相手が苦しんでいることに興味などありませんから、いつか分かってくれると放っておいて、関係が改善されることはありません。

簡単に切れる間柄ならそれに越したことはないけれど、そうもいかないとき、効果的なのは「断る」こと。損得関係において、取引が成立しないこと自体が損ですからね。

と言って、100%断り続けると、あなたは用なしですから、以降見向きもされなくなります。 職場など、それじゃあマズイというのであれば、自分の許容範囲を示しましょう。

面倒くさいとか、苦手だとか、感情は抜きにして、「今できるか、できないか?」 できないなら、その理由と代替案や適任者を伝えてあげられると、なおいいですね。

そうしたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /  シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「あなたを伝える, スグに役立つ心理学講座」 の記事