何とか、歩み始めることができました

■ 何とか、歩み始めることができました

大切な方を亡くされた方、ペットロスで苦しまれている方へ

今日は、背負ったものの重さに耐えながら、歩み始めたKさまのご感想から、悲しみとの折り合いについてお話しします。

——————————————————————-

ひとりでは耐えがたく、しんどさがなくなりそうもありませんでした。
悲しみの嵐の中一歩前に踏み出そうにも、私はこれからどう生きていったらいいのだろうと不安感がぬぐえませんでした。

先生とお話しさせていただいて自分の思いを語る中、かすかですが未来が見えてきた気がしました。まだ足下がふらふらながら、何とか歩み始めることができました。

——————————————————————-

Kさま、ステキな感想をありがとうございます。
またみなさまとシェアすることを快くご承諾くださり、本当にありがとうございます。

いなくなって、はじめて分かること。

どんなに、守られてきたか?
どんなに、大切にされてきたか?
どんなに、頼りにしてきたか?

自分の生き方、生かし方が、まるで分からない今、それでも必死に生きること。大切な人の分まで生き抜くこと。

「もういないんだもん。しっかりしなきゃな。
次会ったとき、『頑張ったね』って褒めてね。」

そんな折り合いがあっても、いいんじゃないか。

少しでもお役に立てるなら、本当に嬉しく思います。
お話しだけでも構いません。「グリーフケア」の詳細はこちらから

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「お客さまの声(カウンセリング), グリーフケア, スグに役立つ心理学講座」 の記事