捨てられない心理

■ 捨てられない心理

もったいない
まだ、使える
いつか、使える

どんなモノでも、大切に扱えば、それはソノ人にとって、大切なモノとなります。 ほら、小さな子供が、ガラクタを集めて、宝物!と言うような。

ガラクタでも、宝物でも、捨てられないモノには、価値があります。
例えば、手に入れるまでに苦労したとか、捨てたら二度と手に入らないとか。

そうして、いつまでも捨てずにとっておく行為を、執着と言います。
そういう意味で、執着するものには、手放さないだけの価値を感じています。

誤解を怖れずに言えば、無価値と感じる人生の習慣だって、それを続ける価値を感じているんです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「アノ人の心理, スグに役立つ心理学講座」 の記事