最後までしっかり泣いてあげようと思います

■ 最後までしっかり泣いてあげようと思います

大切な方を亡くされた方、ペットロスで苦しまれている方へ

今日は、泣くことを許し、心を軽くされたOさまのご感想から、ペットロスについてお話しします。

——————————————————————-

愛猫を亡くし、心に穴が開いてしまいました。
人前ではいつも通り振る舞えるものの、家の中では思い出しては涙が止まりません。

先生に話を聞いてもらい、心が少し軽くなりました。
まだまだ時間はかかりそうですが、最後までしっかり泣いてあげようと思います。

——————————————————————-

Oさま、ステキな感想をありがとうございます。
またみなさまとシェアすることを快くご承諾くださり、本当にありがとうございます。

人の一生には、多くの別れがあります。
そこには、人ばかりではなく、モノや仕事、ペットなども含まれます。

それらを失った悲しみは、愛着が強ければ強いほど、強く深く感じられます。 「もっとこうしてあげればよかったんじゃないか?」とか、ときには「あの子の命の代わりに、私の命を・・・」とか。

人ではないから、泣いてはいけないというのは、誤解です。
動かしがたい事実を受け入れるのに、その涙は自然で、必要なものです。

少しでもお役に立てるなら、本当に嬉しく思います。
お話しだけでも構いません。「グリーフケア」の詳細はこちらから

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「お客さまの声(カウンセリング), グリーフケア, スグに役立つ心理学講座」 の記事