比較の無限ループからの脱出法

■ 比較の無限ループからの脱出法

私、イケてるでしょ?
アノ人より、マシよね?
他人の不幸は、蜜の味

自信のない人に、お手本を見せるより、他人の失敗を見せる方が、有用な場合があります。 下には下がいるものだ!と思わせることで、安心できるからです。

だって、ずっと自分が一番下だと、思っていたんだもん。
だから、ちょっとだけ優越感を味わわせて、いい気分にさせるんです。

ただ、そこからより高みを目指して行くには、気持ちの切り替えが必要です。 なぜなら、ちょっとでも上を見たら、また劣等感に苛まれるから。

そして、自分がいい気分のまま居続けるために、自分より格下を見つけようとします。 中には、格上の人でさえ、「これで、デキているつもりなんて、可哀想・・・」と、粗を探しては、自分の優位性を満たそうとします。

ほら、自分が注意されているのに、その上司を、「この人も、大変だよな~」って、上の空の人がいるでしょ? 結局そんな人は、自分も、他者も、デキていることには興味がなく、デキていないところばかりに注目しているんですね。

それがデキるようになったとき、他者や順位など関係なく、純粋に自分の成長を喜んだのを忘れて。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 自信をつける」 の記事