社交辞令の心理

■ 社交辞令の心理

また、近いうちに・・・
今度、食事でも・・・
機会が、あれば・・・

「もう二度と、会わないよ」と言われたら、それはそれで傷つくクセに、社交辞令を真に受けて、ガッカリされる人は、少なくありません。 そうと疑いつつも、相手やその言葉を、自分の都合のよい方向に、期待してしまうんですね。

まっ、少なからず相手も、「よい印象を残したい」、「相手を喜ばせたい」、「嫌われたくない」と、自分のことしか考えていませんからね。 どっちもどっちなんですが、ただの挨拶、コミュニケーションの潤滑油と、割り切れないんですね。

行動より、言葉を信じてしまうから。
もっと言えば、信じたいんですよね。

しかし、そういう人は、いつだって行動が伴わないし、ウソをついてでも自分に注目を集めたがるし、具体的なことは何ひとつ言わない。

その言葉が真実かどうかは、とっくに見抜いているハズです。

それに気付けたら、きっともっとラクに幸せに生きられるようになるハズです。

《 女性専用・埼玉ふじみ野心理カウンセリングサロン 》

心理カウンセリング  /  ヒプノセラピー  /   シータヒーリング
1時間 10,000円(+税)

■ 電話でのお申込み・お問合せ:
050-3566-3516 (13:00~最終受付18:00 不定休)
※セッション中は留守番電話で対応しています。

■ ご予約フォーム

■ お問合せフォーム

■ サロンのご案内とアクセス

コメント(0)

同じテーマ 「スグに役立つ心理学講座, 心地よい対人関係をつくる方法」 の記事